« 何がまず、出来るか? | トップページ | 今年最初に「救世軍」に行ったーハリスツィードの世界 »

オンブズマンごっこ

 「あんたは単なるクレーマーだ、オンブズマンごっこを楽しんでいるだけだ」

 かみさんはこう言って、怒りをぼくにぶつける。かみさんたちが編集したSHARE(NGO)の本をぼくが買わないから不機嫌である。そして、ぼくが渋谷区のオンブズマンとして、月に2,3回、情報公開コーナーで生活福祉、国民健康保険、商工観光、職員、広報等の課長を呼んで、職免、残業、生活保護等の実情を、資料で知ることに不満である。

 「敵は渋谷区役所の隣のNHK」、これが従軍慰安婦問題に関わってきたかみさんの持論である。確かにNHKの上層部は自民党べったりで、ぼくも不満がある。しかし、NHK特集やBS「世界のドキュメンタリー」は、ドキュメンタリーの専門家であるぼくをも、脱帽させるだけの力作が多い。

 かみさんは渋谷区役所だけに全力投球している、ぼくが歯がゆくて仕方がないらしい。でも、ぼくにも言い分がある。今までずっと従軍慰安婦、じゃぱゆきさん、ふいりっぴん花嫁をずっと取材してきたが、60歳の大台を超え、自分が住んでいる地域社会の問題、つまり自分の足元を見たいのだ。

 ドキュメンタリーの専門家であるぼくが、役所の記録を精査した方がはるかに効果がある。ちなみにこの10年間、渋谷区役所の職免(今まで公務中にゴルフに行っていたり、サッカー大会に出席したり、熱海温泉で組合大会をやっていた)、残業(単純労務の職員たちの違法残業)が見る見る減ったことは事実である。

 ぼくら納税者が思っているほど、一部の職員は良質ではない。特に単労は悪質な人が目立つ。人を無実にもかかわらず、嘘を言い立て、有罪にする単労が実際にいた。地裁では有罪だったが、幸いにも高裁の裁判官が嘘を見抜き、無罪判決が出た。これは07年に「週刊文春」にも紹介されたから、知っている人も多いと思う。

 かみさんが「単なるクレーマーだ」と断罪するのは、ハチ公バスのことである。幡ヶ谷不動尊の前で、接続が悪く30分近くも待たされるので、改善を求め、担当している国際文化交流課長斉藤茂に電話しているのを聞いたのだろう。斉藤茂は、浅草の女流剣劇スター浅香光代を渋谷区の国際交流の講演会に呼び、20万円を払った男である。

 この1年間、ハチ公バスの改善のために電話をし、そして会ってまでいるのに、ずっと「調査中です、進展があり次第、連絡します」と、言い続け、何の連絡もしない、誠意のない男である。ぼくも経済企画庁の委員をしていたが、少なくとも3ヵ月以内に問題解決し、連絡していた。このハチ公バスの接続問題は増便するなりで、問題解決が出来るものである。困っている人は多い。老人や足の悪い人たちが、ただひたすら寒い中、幡ヶ谷不動尊前で30分近く待っている。

 ハチ公バス問題で、誠意のない斉藤茂課長相手に抗議していることが、かみさんに言わせると。私利私欲で動く「クレーマー」だそうだ。ぼくのずるいところは、単なるクレーマーにとどまらず、公の「オンブズマン」の衣を着ているところだそうだ。

 「あなたは渋谷区役所の職員の好意の中で生きているのよ。だって、あなたは納税者と言うお客様だから、断れないのよ」。かみさんはかって財団法人「神奈川県国際交流協会」で働いていたから、渋谷区職員の肩を持ちがちだ。「初めは警戒するが、やがてあなたのことをインターネットで知ると、同情を寄せるのよ。家では居場所がなく、役所に来るしかない、可哀相な人だと思うのよ」。

 どうりで、公聴相談係の「その一口が・・・豚になる」係長が。「オンブズマンの相手をするのは福祉です」と言い切るわけだ。かみさんに言わせると「こんな夫ですが、相手をしてくれてありがとうございます」と、「豚になる」係長に感謝しているそうだ。

 当の本人は英国やオーストラリアで教わった「社会貢献」だと思っているが、かみさんに言わせると「単なるクレーマーだけど、ずるいあなたはオンブズマンという公の衣を纏っている」と散々である。

 かみさんに毒ずかれて、心は千路に乱れている。松本広報課長、「その一口が・・・豚になる」公聴相談係長、ぼくは「単なるクレーマー、そしてオンブズマンごっこしている、ずるいおじさん」でしょうか?

|

« 何がまず、出来るか? | トップページ | 今年最初に「救世軍」に行ったーハリスツィードの世界 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

自遊人さま

ごめんください。
自遊人さまのオンブズマン行動は
私には社会貢献と写ります。

何故なら、渋谷区の住民である私は
このブログ内で初めて区役所内部の
断片細部を知る事が出来ているからです。

ちなみに特許を取得した経験から、クレーム
と言う単語は「請求項」と言う特許申請時の命綱です。

その意味で、私は特許庁へのクレーマーとして
登録されています。

お互いに大いなるクレーマーになりましょう。
御期待申し上げます。
             NGO仲間

投稿: NGO仲間 | 2009年1月11日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046468/26957517

この記事へのトラックバック一覧です: オンブズマンごっこ:

« 何がまず、出来るか? | トップページ | 今年最初に「救世軍」に行ったーハリスツィードの世界 »