« 渋谷区に住むことは得か? | トップページ | 松本賢司広報課長の「天下の暴論」 »

天にそびえる「白あり御殿」

 現在の日本は明白な「公貧社会」である。原因は消費税を上げないからである。

 ぼくは74~75年にかけてイギリスで勉強していた。文化庁在外研修員として、当時でも月30万円を戴いて、大量に本とアクアスキュータムの男子用品などを買い込んでいた。本は無税だったが、アクアスキュータムなどの紳士用品には15%の付加価値(消費)税がかけられ、高いといつも思っていた。しかし、その消費税が英国の豊かな、老後の心配が無い社会保障を支えていた。

 その消費税が日本ではまだ5%である。隣の韓国でさえ10%なのに。ありがたいと思う反面、年金などの社会保障が心配である。いくら社会保障を切って、社会的弱者である母子家庭、生活保護家庭を泣かせるより、ぼくはせめて消費税を10%に至急上げた方がいいと思う。それが出来ないから、社会的な緊張がますます増し、一家心中が増えるだけである。社会的弱者が徐々に追い詰められ、これからもっとおぞましい、いやな事件が増える。

 年金、退職金などの社会保障が大幅に切られるにもかかわらず、まったく手が入らない「聖域」が現存している。それは公務員の退職金である。全額税金で、住民が負担している。

 08年11月14日の朝日新聞朝刊に「団塊退職金 借金頼み-44都道府県起債 急増4200億円」と、子や孫たちが団塊世代の公務員の退職金を払い続けていかねばならない状況が紹介されている。税収が期待できない地方ほど、退職金の借金は重荷である。問題は、平均2700~2800万円の退職金は手付かずで、減額できないことだ。

 私が住んでいる渋谷区の場合は、「退職給与引当金」として、07年に220億円も「固定負債」として準備してある(08年11月15日 渋谷区ニュース)。07年特別区税約457億円の約半分に当たる。莫大なお金が職員たちの退職金に回る。

 普通、私たちは渋谷区職員の年収ばかりを問題にすることが多い。1000万円を超える清掃などの単純労務職員に唖然とするが、実は彼らの退職金、年金(月約24万円の半額)は年にすると約200万円を私たちが負担している。それを加えると「住民指導」で残業が異常に多い清掃職員に年間1200万円も払うことになる。平均して、給料に加え職員一人当たり年間1000万円を払っている。区税を払うということは、その半額近くを職員たちの人件費に払っていることである!

 でも福祉部管理課の金子、二見係長に払うことは納得がいく。それだけ、多少口は悪いが、定年が近いにもかかわらず、おばさんたちはよく働いている。広報課の「その一口が・・・」の女性係長も性格は飛びぬけて悪いが、その分懸命に稼動している。渋谷区役所は本当はこんなおばさん係長が支えている。黒柳職員課長はそこのところがまだわかっていない。

 しかし、単労の学童擁護、用務のおばさんたちはおぞましい。戦後、「寡婦」対策のための発足した児童擁護の(緑の)おばさんたちの実働は朝1時間、午後2時間、暇なときは「主事室」でテレビを見ながらおせんべいをぼりぼり。春・夏・冬の休みを外すと、実働時間給は1万円をはるかに超す。

 さすがにこんなベラボウな単労は、日本広といえども23区の富裕区しかいない。今まで多くの人たちはこんな実態を知らなかった。しかし、これからは違う。税収が落ち込むので、もっと厳しく住民から取り立てる。年収200万円以下でも、容赦なく「臨戸」(税務課員が未納者を訪れること)する。

 突然「臨戸」され、大声で泣き喚いても、高校を出たばかりのかわいい女子税務課員は冷静に税金をむしり取る。税務課に行き、大声を上げ、時には窓口で「無いもんは無いんだ」と、裸になっても、警察が駆けつけるのが落ちである。

 リーマンショックで外資を解雇された人が渋谷区には多い。一時は1000万円以上の年収があったはずである。しかし、現在では渋谷職安に通い、新たな仕事を探している。残念ながら、不況でもうそんな好条件な職場は無い。たちまち、せっかく購入した高級マンションのローンも払えず、年金、健康保険もやがては滞納し、子どもたちも青山・慶応の小・中学校に通えなくなる。やがて、渋谷区のかわいい税務職員がか細い声で「臨戸」に来る。そのときに単労の1000万円もの年収にふつふつと怒りがこみ上げて来るはずである。

 もっと自分の住んでいる地域(コミュニテイ)に日ごろから関心を持ち、自分の税金がいかに使われているかを監視しないといけない。でたらめな単労たちの人件費である。埼玉、千葉、都内では八王子にそびえる「白あり御殿」(単労たちの自宅)を前に、高級マンションを追い出された(元)渋谷区民だった家族が地団太踏んでも遅すぎる。

|

« 渋谷区に住むことは得か? | トップページ | 松本賢司広報課長の「天下の暴論」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046468/25443108

この記事へのトラックバック一覧です: 天にそびえる「白あり御殿」:

« 渋谷区に住むことは得か? | トップページ | 松本賢司広報課長の「天下の暴論」 »